ご祝儀が無いって本当!会費制の結婚式!ビックリです。

ご祝儀が無いって本当!会費制の結婚式!ビックリです。

結婚式に参列する時に、ご祝儀って持っていきますよね。

ご祝儀が無い地域もあるようですよ!名古屋の結婚式は、派手だとか嫁入り道具を運ぶトラックがガラス張りになっているとか日本では伝説的な結婚式のようでした。

しかし、現在は派手な部分もありますが、全国的に見ても特に変わった部分は無くなってきたようです。

もちろん、婚約指輪も変わりません!近所の方にお菓子を配る風習は、今も健在です!少し、面白い風習ですよね。

名古屋の結婚式の他に特徴のある結婚式について説明をします。

北海道や青森などの東北地方の北部では、ご祝儀の代わりに、結婚式の会費を貰う会費制の結婚式を行うこともあるようです。

会費を式の前に支払い、結婚式に出席するようです!会費も通常のご祝儀よりも少しお手頃な金額を包むことが多いようです。

また、九州の結婚式などでは、出席者が礼服を着用していないこともあるようです。

礼服を持っていないからという説もあるようですが、気軽に結婚式に出席してもらいたいという意図があるようです。

地域により違いはありますね。

北陸地方の結婚式も名古屋に引けを取らないようです!婚約指輪も地域による特徴はあるのかなぁ…。

名古屋スタイル結婚式。少し地味になったみたいです。

なぜ、名古屋の結婚式は昔は派手に行われていたのでしょうか?諸説あるようですが…調べてみると「見栄っ張りの傾向があること」と「どの家庭も娘を華やかに嫁ぎ先に送り出したいこと」が結婚式に反映されてしまったようです。

地域の方が派手に行うと、周囲の方もライバル意識や同じような結婚式に憧れてしまうことは誰しもありますよね。

派手に結婚式を行うことが当たり前になってしまった地域のようです。

もちろん、婚約指輪や結婚指輪にもお金をかけていたようですよ!しかし、現在は派手コンから地味コンへと移行している方が多いようです。

地味コンといっても、他の地域と同じくらいの結婚式のようです。

平均的な結婚式の費用とも大差は無くなっているようですよ。

結婚式場に行く前にお菓子をご近所の方に撒いてあげる儀式では、大量にばら撒いていたようですが、現在は結婚式の余興などで、お菓子を撒くコーナーがある程度で地味になっているようです。

婚約指輪を名古屋で探す

また、嫁入り道具にもお金をかけて有名な食器などを両親が購入していたようですが、現在は式を挙げる当人同士で嫁入り後の家具や食器を購入することが多いみたいです。

名古屋の婚約指輪も地味になっているようでした。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。